テレ朝の出勤停止処分10日間発表から一夜明け「#玉川徹の謹慎処分に抗議します」がトレンドワード急上昇

スポーツ報知

 5日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・午前8時)では、コメンテーターとして出演中の同局・玉川徹氏がこの日から謹慎で出勤停止10日間の処分を受けたことを伝えた。

 玉川氏の処分は同局の早河洋会長が4日に東京・六本木の同局で行われた定例会見で、9月28日放送の同番組で玉川氏が安倍元首相の国葬の進行などに関し「これ電通入ってますからね」などと事実に基づかない発言をしたことについて言及。10日間の出勤停止処分としたことを明らかにしていた。

 テレ朝の会見の模様が報じられた直後からツイッターのトレンドでは「謹慎処分」のワードが急上昇。ネット上には「#玉川徹の降板を求めます」というハッシュタグが登場。4日午後5時には「謹慎処分」がトレンド1位に。5位に「テレビ朝日」、6位に「玉川徹氏」、12位に「篠塚社長」とテレ朝の篠塚浩社長も登場する“祭り状態”となった。

 一夜明けた5日は10日間という謹慎期間を問題視する「#玉川徹の謹慎処分に抗議します」というワードが世界トレンド3位まで急上昇した。

 ネット上には「出勤停止10日? ふざけんな。菅元総理や故安倍元総理、安倍さんの遺族に直接謝罪。それで番組降板。これが最低限なのは当たり前」、「これでは単なる長期休暇だろう」、「裏も取らずに無責任な発言を繰り返し、社会に多大な損害を与えた人物が謹慎10日間で済まされるのか」などの厳しい声の一方、「玉川氏はきちんと訂正・謝罪をしたのに謹慎処分を課すなど言論の弾圧 テレ朝に強く抗議します」、「謝罪した玉川さんより、いろんな問題から逃げ、説明責任を果たさない政治家たちの方を処分してほしい」などの声もあった。

 この日の「モーニングショー」では、司会の羽鳥慎一アナが「今回、玉川さんの発言によりまして、ご迷惑をおかけしました各方面の方々、そして、不快な思いをされました各方面の方々、さらに視聴者の方々、大変申し訳ありませんでした」と頭を下げ謝罪。「予定ですと玉川さんは来週の水曜日に復帰をいたしますが、その際になぜ今回、このような発言になったのかの説明を改めてするべき。そして謝罪をするべきだと私は思っております」と明言。その後、復帰を再来週の水曜日となる19日に訂正した。

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×