【日本ハム】近藤健介と伊藤大海が東京五輪に続き侍ジャパン選出

スポーツ報知
日本ハム・近藤健介(左)と伊藤大海

 侍ジャパンの栗山英樹監督が4日、都内のホテルで会見を行い、11月に開催される強化試合など4試合(5日・日本ハム戦、6日・巨人戦・東京D、9、10日豪州戦・札幌D)の代表メンバー28人を発表。日本ハムからは、ともに昨年の東京五輪に出場した伊藤大海投手と近藤健介外野手が選出された。

 伊藤は今季主に先発で計26試合に登板し、10勝9敗1セーブ1ホールド、防御率2・95。近藤は99試合に出場し打率3割2厘、8本塁打、41打点を記録した。2選手のコメントは以下の通り。

 伊藤「東京五輪に続いて日本代表に選出され、身が引き締まる思いです。成長した姿をファンの皆様に見せたいですし、栗山監督の期待に応えられるよう頑張ります。自分の役割を果たし、日本代表の名に恥じないプレーをしたいと思います」

 近藤「栗山監督率いる日本代表に選出されたことを大変光栄に思います。札幌ドームでの試合もあるので、そこでプレーできる喜びもあります。自分の役割をしっかりと果たし、チームに貢献できるよう全力で頑張ります」

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×