【広島】森浦大輔、侍ジャパン初招集「全力でプレー」 西川龍馬は4年ぶり 森下暢仁と計3人選出

スポーツ報知
広島・森浦大輔

 11月に開催される野球日本代表強化試合「侍ジャパンシリーズ2022」の出場選手が4日、発表され、広島からは3人が選出された。

 東京五輪で決勝・米国戦に先発して金メダルに貢献した森下暢仁投手のほか、新人から2年連続の50試合登板でシーズン最終戦までセ・リーグタイ記録の10試合連続登板を達成した森浦大輔投手が初選出。今季打率3割1分5厘(規定打席未到達)と安定した打力を発揮した西川龍馬外野手は「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018」以来の代表選出となった。

 強化試合は11月5日に日本ハム戦、6日に巨人戦(ともに東京D)、9、10日にオーストラリア戦(札幌D)が行われる。

 森下暢仁「選んでいただき光栄です。チームの力になれるように、そしてしっかりアピールできるように頑張りたいと思います」

 森浦大輔「日本代表のユニフォームを着て試合することは初めてですし、選んでいただき嬉しいです。全力でプレーしてアピールできるように頑張ります」

 西川龍馬「2018年以来となりますが、代表のメンバーに選んでいただいたからにはチームの勝利に貢献できるように精一杯頑張ります」

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×