青学大の「駅伝男」岸本大紀が来春GMO入り

スポーツ報知
青学大の岸本大紀

 陸上長距離のGMOインターネットグループは3日、青学大の岸本大紀(4年)が来春の卒業後に所属することが内定したことを発表した。岸本は1年時の箱根駅伝では2区で日本人1年生最高タイムの1時間7分3秒の区間5位と快走し、優勝に貢献。3年時の箱根駅伝では7区区間賞で再び優勝メンバーに名を連ねた。青学大の原晋監督が「駅伝男」と評するほどの勝負強さを持つ。マラソン挑戦に意欲を持つ岸本は、学生ラストシーズンを駆け抜けた後、GMOで世界を目指す。

 岸本のコメントは以下の通り。

 「4月よりGMOインターネットグループに所属させていただくことになりました。これまでの競技生活で培ったものをいかしつつ、常にNO1を目指して努力していきたいと思います。個人ではマラソンに挑戦し、駅伝でチームに貢献できるような走りをしたいと考えています。多くの方に、笑顔と感動を与えられるような走りをしますので、応援のほど、よろしくお願いいたします」

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×