箱根駅伝予選会の登録選手発表 75年連続出場を目指す日体大はエース藤本珠輝が外れる…15日号砲

スポーツ報知
写真は昨年の第98回予選会より

 箱根駅伝を主催する関東学生陸上競技連盟は3日、第99回箱根駅伝予選会(10月15日、東京・立川市)に出場する大学、大学院と登録選手を発表した。出場校は前回から2増の43校。各校は10~14人を選手登録。その中から10~12人がハーフマラソン(21・0975キロ)を一斉スタートし、上位10人の合計タイムで10枠の本戦出場権を争う。

 75年連続75回目の出場を目指す日体大はエース藤本珠輝(4年)が登録メンバーから外れた。藤本の欠場は痛いが、日体大はチーム一丸で予選会に挑む。主将の盛本聖也(4年)、分須尊紀(2年)ら藤本を除く主力は順調。1日に行われた日体大長距離競技会では予選会の出場資格(1万メートル公認記録34分以内)を満たすために、1万メートルの公認記録を持っていなかった山崎丞(1年)ら4人が余裕を持って、ほぼ設定タイムの29分32秒台でゴールするなど新戦力も台頭した。

 「夏合宿の時から予選会は藤本抜きで戦うことになるかもしれない、と主将の盛本を中心にチームは危機感を持って練習を積んできました。昨年(3位通過)、12人目のゴールは一番でした。今年もチーム12人目の選手のゴールはトップになるような戦い方をします。エースはいませんが、全員で戦います」と玉城良二監督(61)は表情を引き締めて話す。

 日体大は1949年箱根駅伝に初出場して以来、前回まで74年連続74回の出場を誇る。連続出場記録は中大の87回(1925年~2016年)に次いで歴代2位。継続中としては堂々のトップで、順調に出場を積み重ねれば、中大の記録に2035年に並び、2036年に超える。日体大にとって、絶対に途切れさせてはいけない大記録を全員の力を結集して守り抜く覚悟だ。

 今年の第98回箱根駅伝(1月2、3日)で最終10区で8位から11位に後退し、10位の法大と52秒差の11位で8年ぶりにシード権(10位以内)を逃した東海大は、昨季は故障に苦しみ、学生3大駅伝すべてに欠場したエースの石原翔太郎(3年)がメンバー入りした。「石原は夏の合宿で驚異的なパフォーマンスを発揮しました」と両角速監督(55)はエースに絶対の自信を寄せる。前回の箱根駅伝7区3位の越陽汰(2年)と同9区8位の竹村拓真(4年)が登録メンバーから外れたが、復活したエース石原、同5区2位の吉田響(2年)らを中心にトップ通過を目指す。

 前回の箱根駅伝12位の神奈川大は1区11位だった主力の巻田理空(3年)が登録メンバーが外れたが、今年6月に1万メートル8人の合計タイムで競った全日本大学駅伝の関東選考会でトップ通過するなど戦力は充実しており、上位通過が見込まれる。

 今回の予選会には前回の本戦13位の早大、同14位の明大など伝統校も参戦。前回の予選会でまさかの次点敗退を喫した拓大はジョセフ・ラジニ(4年)を中心にリベンジを期す。真名子圭(まなこ・きよし)新監督率いる大東大は4年ぶりの復活出場を目指す。前回の予選会では最終的に16位に終わったものの最初の5キロをトップで通過し、存在感を示した立大は大会史上最長の55年ぶりの復活出場を狙う。

 新型コロナウイルス感染防止対策として一昨年、昨年は陸上自衛隊立川駐屯地内の1周約2・6キロの滑走路を周回する公認コースで行われていたが、今年は3年ぶりに陸上自衛隊立川駐屯地をスタート、立川市街地を回り、国営昭和記念公園ゴールの公認コースで開催される。レース終盤の公園内は起伏に富み、「速さ」より「強さ」が問われる。名門校、古豪、新興校が激しく、10枚の「箱根切符」を争う。

 前回の本戦で2年ぶり6度目の優勝を果たした青学大をはじめ、上位10校はシード校として、第99回大会の出場が決まっている。

 ◇関東学生陸上競技連盟からの「お願い」 箱根駅伝を主催する関東学生陸上競技連盟は9月29日に「予選会の応援に関するお願い」を発表した。今回は3年ぶりに立川市街地を走り、国営昭和記念公園にゴールする本来のコースで開催されるが、駅伝ファンに対し「選手を応援する熱い気持ちはコース沿道から離れていても届きます。今回もテレビなどを通しての応援をいただければと思います。地域の皆さま、沿道の皆さまに支えられ、大会を開催しています。これからも末永く愛される大会を目指していきます」などのコメントを出した。

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×