【広島】球団が佐々岡真司監督の辞任を正式発表…今季10試合で監督代行を務めた河田雄祐ヘッドも辞任

ベンチから厳しい表情で試合を見つめる佐々岡真司監督 (カメラ・馬場 秀則)
ベンチから厳しい表情で試合を見つめる佐々岡真司監督 (カメラ・馬場 秀則)

◆JERAセ・リーグ 広島0―3中日(2日・マツダスタジアム)

 広島は、佐々岡真司監督が今季限りで辞任すると正式発表した。球団は「辞任の意志を申し入れ、了承されました」とし、同時に河田雄祐ヘッド兼外野守備走塁コーチからも申し入れがあり、今季限りでの辞任も発表された。

 河田ヘッドは、16、17年に外野守備走塁コーチを務め「タナキクマルセイヤ」中心の機動力野球で2年連続リーグ1位の盗塁数を残し、連覇に貢献。18年から2年間はヤクルトでコーチを務め、20年オフにヘッドコーチとして復帰。今季は外野守備走塁コーチと兼務。佐々岡監督が新型コロナ感染で離脱した際に10試合で監督代行を務めた。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×