古館さんが選んだ猪木名勝負5選…ベストバウトはドリー・ファンク・ジュニア戦

スポーツ報知
古舘伊知郎アナウンサー

 元プロレスラーで参議院議員も務めたアントニオ猪木さんが1日、死去した。プロレス中継の名実況で知られ、友人でもあった古舘伊知郎アナウンサー(67)は同日午後、都内の猪木さんの自宅を弔問。長い闘病生活を終え、安らかに眠る猪木さんと対面した。生前の猪木さんを悼んだ古館アナは、猪木さんの「名勝負ベスト5」を挙げた。

 自身が実況した試合は、ウィリー・ウィリアムス戦(80年2月27日、蔵前国技館)、新日本―UWFの5対5(86年3月26日、東京体育館)の2試合。ベストバウトは、ドリー・ファンク・ジュニア戦(69年12月2日、大阪府立体育会館)で「安保の風が吹く中、若きドリーと猪木さんの戦いは白眉。本人もベストバウトに挙げていた」と熱く語っていた。

 以下は古舘アナが選んだ猪木さんの名勝負(★印は自らが実況)

 ▼69年12月2日 ドリー・ファンク・ジュニア(大阪府立体育会館)「安保の風が吹く中、若きドリーと猪木さんの戦いは白眉。本人もベストバウトに挙げていた」

 ▼74年3月19日 ストロング小林(蔵前国技館)「額を割って流血する猪木さんのジャーマンスープレックスホールド。黄色いタオルににじんだ血」

 ▼75年12月11日 ビル・ロビンソン戦(蔵前国技館)新日初の60分フルタイム戦。「すごい試合でした」

 ▼80年2月27日 ★ウィリー・ウィリアムス戦(蔵前国技館)「“熊殺し”ウィリーとの異種格闘技戦。怖い試合でした」

 ▼86年3月26日 ★新日本VS U.W.F.決戦イルミネーションマッチ(東京体育館)「5対5の戦い。本陣に下がる姿を『猪木の肉体に鎧が見えている』と一生懸命実況しました」

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×