浦和、4失点大敗で5戦勝ちなし! 公式戦2試合で計8失点と崩壊…サポーターは怒りの大ブーイング

スポーツ報知
浦和レッズ

 ◆明治安田生命J1リーグ▽第31節 広島4―1浦和(1日・Eスタ)

 浦和はアウェーで広島に1―4で大敗し、直近の公式戦5試合勝ちなしとなった。

 前半22分、MF岩尾憲からGK西川周作へのパスを広島MF森島司に詰められ、一度は西川がシュートを防いだが、こぼれ球を再び押し込まれて先制された。後半17分には左CKの流れから失点し、同26分には中央をスルーパスを通されてMF満田誠に3点目を献上した。

 0―3の同31分には、JリーグデビューしたFWリンセンのアシストからMF柴戸海がヘディングで決めて1点を返した。だが、同38分に満田にFKを直接決められ、ダメ押しの4点目を浴びた。

 0―4で大敗した先月25日のルヴァン杯準決勝第2戦・C大阪戦に続き、2試合で8失点と守備が崩壊。直近の公式戦5試合勝ちなし(2分け3敗)と苦境が続いている。

 試合後、リカルド・ロドリゲス監督と選手がゴール裏へあいさつに向かうと、浦和サポーターから大ブーイングを浴びた。客席から怒号が飛び交い、西川やFWユンカーがサポーターと話し込む場面もあり、指揮官がなだめる様子が見られた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×