C大阪・森島社長らが大阪市役所を表敬訪問 ルヴァン杯決勝・広島戦へ松井市長「広島焼き食べて」

スポーツ報知
 

 C大阪の森島寛晃社長、勝矢寿延アンバサダー、酒本憲幸アンバサダーが30日、大阪市役所を表敬訪問。クラブが取り組む読書推進プロジェクトが、今年度の「子供の読書活動優秀実践団体 文部科学大臣表彰」を受賞したことを報告した。

 同プロジェクトは2019年から大阪市立図書館、堺市教育委員会と開始。大阪市立小学校の全児童にオリジナルの読書手帳を配布するなど、読書を通して豊かな心を育むことを目的として活動を続けてきた。森島社長は「(プロジェクトは)クラブだけでなく、みなさまにご協力頂きできたこと。活動が評価されたことは大変うれしく思います」と喜びを語った。

 チームはルヴァン杯で2年連続となる決勝進出。10月22日にクラブ通算3個目のタイトルをかけ、広島と国立競技場で対戦する。広島とは今季公式戦で3連敗しているとあって、松井一郎大阪市長は森島社長らに「ぜひ(広島名物の)広島焼きでも食べて」。相手もお好み焼きを食べる可能性を指摘されると「2枚食べたらええやん」と笑いを誘った。

サッカー

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×