並べば会える!上野動物園の双子パンダ・シャオシャオとレイレイの抽選閲覧が終了…10月4日より

じゃれあうシャオシャオ(左)とレイレイ (公財)東京動物園協会提供
じゃれあうシャオシャオ(左)とレイレイ (公財)東京動物園協会提供

 上野動物園で今年生まれた双子パンダ、シャオシャオとレイレイの最新の様子を伝える映像が、30日までに同園より公開された。

 オスのシャオシャオは体重36・1キロ、メスのレイレイは37・2キロまで成長。これまでは日本の猛暑を考慮して、空調管理の行き届いた屋内での生活が主体だったが、9月以降は屋外の運動場で過ごす時間を設け、外気にふれる機会も増えたという。レイレイは当初屋内に戻りたがる仕草も見せたが、シャオシャオは外でも木登りするなど、元気な様子。シャオシャオ・レイレイとも竹を食べるようになったことが排泄物から確認されており、順調な成長を見せているとのこと。映像でも、二頭が仲良くじゃれあう姿を楽しむことができる。

 ジャイアントパンダ「シャオシャオ」「レイレイ」「シンシン」の観覧は、これまで抽選制となっていたが、10月4日(火)からは予約不要、観覧列に並んだ順へと変更される。公開時間は10時から16時。観覧列への整列は15時30分に締め切られる(パンダの体調などにより変更される場合もあり)。

社会