【ヤクルト】坂口智隆が引退会見「無理してできることは無理じゃない」西田明央が花束贈呈

スポーツ報知
現役引退を発表するヤクルト・坂口智隆(代表撮影)

 ヤクルト・坂口智隆外野手(38)が30日、神宮球場で引退会見を行った。

 近鉄で2年、オリックスで11年、ヤクルトで7年の計20年間。「NPB最後の近鉄戦士」として戦ってきた。

 通算1544試合で1525安打。オリックス時代の11年には最多安打、08~11年にはゴールデン・グラブ賞に輝いた。

 「ケガが多かったので」と振り返るプロ野球人生。何度ケガをしても、そのたびにはい上がってファンの歓声を浴びてきた。

 その信念を問われると「無理してできることは無理じゃない」。その言葉について「どんな場面でも当てはまると思っていて、無理してできることは無理じゃない、確かになと。そう思ってプレーしてきました」と話した。

 1軍は広島遠征中。会見には横須賀でナイターの2軍DeNA戦を控える西田がサプライズで花束贈呈に訪れた。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×