羽生結弦さん初単独アイスショー「プロローグ」開催を発表「全力でむかっていきます」 11月横浜、12月八戸

スポーツ報知
日中国交正常化50周年記念慶典で挨拶する羽生結弦さん(カメラ・矢口 亨)

 フィギュアスケート男子で2014年ソチ、18年平昌五輪を連覇した羽生結弦さんが30日、初の単独アイスショー「プロローグ」開催を自身の公式ツイッターで「1」並びの11時11分に発表した。

 11月4、5日に横浜(ぴあアリーナMM)、12月2、3日に八戸(フラット八戸)で開催。7月のプロ転向後初のアイスショーとなる。

 ツイッターには「タイトルや演出など細部に至るまで自身がプロデュース。『プロローグ』(=序章)長きに渡る選手生活を経て、プロとして歩み出した物語の始まりです」と記され、この日開設された「プロローグ」の公式サイトにメッセージを寄せた。

 「これまでの僕の歴史やスケート人生そのものを感じていただけるようなものを、という思いから、アイスショーを企画しました。

 初めて僕一人ですべてをやりきるアイスショーになっています。タイトルは『プロローグ』。『これから、いろいろな物語が紡がれていくといいな』、『このアイスショーが、その物語の“プロローグ”となるように』という思いとともに、全力でむかっていきます。羽生結弦」

 8月10日の仙台での公開練習「SharePractice」後には、今後のプロ活動について「ある程度年内の方はメドがたってきた。改めて告知するので、まだ内緒です」と話していた。

 羽生さんはこの日の1時11分に公式ツイッターとインスタグラムのアカウントを開設したばかり。早速ファンに向けてうれしいニュースを発信した。フォロワー数は30日午前11時の時点でツイッターは6万人、インスタグラムは8万人を突破している。

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×