三浦知良が森保ジャパンVSエクアドル語る「一ファンとしてすごく楽しめたし、僕自身も教えられた」

スポーツ報知
児童との写真撮影でポーズをとる鈴鹿・三浦(中央)(カメラ・山田 豊)

 サッカー日本フットボールリーグの鈴鹿ポイントゲッターズFW三浦知良(55)が29日、三重県鈴鹿市の市立椿小を訪れ、「夢で逢えたら」と題した特別授業を実施した。J1神戸在籍時の03年から始まったプロジェクトで、今季加入した鈴鹿の地元で行うのは初。6年生20人に夢を持つ大切さを教えた。今の夢は東京・国立競技場で行われる「10月9日の新宿戦へ先発で出ること」という。

 日本代表の米国戦とエクアドル戦はテレビで観戦し、「一ファンとしてすごく楽しめたし、僕自身も教えられた」。11月1日にはカタールW杯の代表メンバーが発表される。背番号と同じ「1並び」はキングにとっても縁起の良い日取りだが「選ばれたら良いですね」と話した。

サッカー

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×