元ヤクルト・宮本慎也氏が「仮想ドラフト会議」で高松商・浅野を高評価「素材としては5年に一人の選手」

スポーツ報知
大阪・朝日放送で「第3回プロ野球仮想ドラフト会議」の収録に参加した(左から)赤星憲広氏、川上憲伸氏、宮本慎也氏、金本知憲氏、カンニング竹山、ヒロド歩美アナウンサー

 CS放送・スカイAの2時間特番「第3回プロ野球仮想ドラフト会議」(初回放送10月9日・前11時)の収録が29日、大阪・朝日放送で行われ、10月20日のドラフト会議本番を前に、球界のレジェンドが各球団の指名すべき1位選手を議論した。

 巨人が1位指名する方針を決めた高松商・浅野翔吾外野手について元ヤクルトの宮本慎也氏は「木のバットの対応も早くできるのでは。3球団はかぶるはず」と高評価。「ヤクルトはピッチャーが欲しいけど、神宮は狭いので」と古巣の1位指名もあり得るとした。「高校の外野手なので二の足を踏む球団もあると思うが、素材としては10年とは言わないが、5年に一人の選手」と逸材ぶりを語った。

 元阪神・赤星憲広氏は「右の大砲候補。多分、内野もできる。足も速い」と阪神の指名にも期待した。

 米大リーグ・大谷翔平に続く“二刀流”が話題の日体大・矢沢宏太投手に関しては、元阪神・金本知憲氏が監督経験者として「パ・リーグの監督なら間違いなく二刀流をやらせる」。元中日・川上憲伸氏は「新庄監督が期待しているのは間違いない」と、日本ハムの指名を予想した。

 今年は目玉選手が少ないとされており、収録を終えて宮本氏は「(ドラフトの)下の方で取られたらマズいから上で…と思ったより(評価の)順位が上がっていくのでは。難しい」。それでも司会のカンニング竹山は「元プロの皆さんの目で選ぶので、毎年、ほぼ合っていると思います」とPR。アシスタントのヒロド歩美アナウンサーは高校野球の「熱闘甲子園」を7年担当しており「高校時代に取材していた選手が社会人になって…というタイミングでプロを目指したり。それぞれの思いを感じます」と、近江高の山田陽翔投手と、同校出身の西濃運輸・林優樹投手の運命にも注目した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×