高松商・浅野翔吾 巨人ドラ1“公表”後、第一声は「これ…変わらないですか?」驚きとうれしさと不安と

スポーツ報知
巨人からドラフト1位指名の公表を受け、バットを手に気合の入った表情を見せる高松商・浅野翔吾(カメラ・瀬川 楓花)

 巨人が10月20日のドラフト会議で1位指名の方針を固めた高松商・浅野翔吾外野手(17)が29日、香川・高松市内の同校でスポーツ報知の取材に応じ「安心した」と異例の早期公表を喜んだ。高校生野手の1位入団が実現すれば、14年の岡本和以来で、外野手では初となる。

 驚きと、うれしさとそして少しの不安と。巨人から異例の早さで1位指名を“公表”された浅野の第一声は高校生らしい、初々しいものだった。

 「これ…(指名公表はもう)変わらないですか?」

 28日、学校から帰宅して何げなくスマホを見ると、自身の驚きのニュースが飛び込んできた。「1位というのもびっくりしたし、今年は早いなって」と目をパチクリ。その一方で「めっちゃ心配性で。ちょっとミスしたら(評価)下がったんじゃないかなって思う。だから(指名の公表は)安心したけど、今後これが変わることはないのかなって…」と、うれしさと不安が入り交じった、何ともいえない心境を明かした。

 ドラフト22日前の異例の早期公表。大塚副代表から「将来のスーパースター」と最高評価を受け「(巨人に)選んでもらったら岡本選手や菅野選手のような、巨人といったら浅野といってもらえるような選手に」と意気込んだ。「ジャイアンツカラーの」と橙色が入ったバットでカメラの前に立った浅野は競合必至の情勢だが、幼少期からプロ野球より高校野球をよく見ていたと言い「どこのファンとかなくて、選んでいただいたところで」と、どこへ入団しても球団の顔になる強い意志を持っている。

 プロへの道が自身の中で現実味を帯びたのは、昨夏の甲子園。「智弁(和歌山)の中西さんからホームラン打って、夢が目標になった」。優勝投手となった智弁和歌山・中西聖輝(現青学大)から放った左越えソロ弾が背中を押した。2度目の聖地となった今夏は打率7割で3本塁打、その後のU18W杯(米フロリダ州)では慣れない木製バットで打率3割3分3厘をマーク。自慢の強打と快足、大舞台での勝負強さでドラフトの目玉に躍り出た。

 U18W杯から帰国後は「時差ぼけで授業中も眠くて。これはどこまでが時差なんだろうって」と笑ったが、10月2日から栃木で行われる国体に向けた調整は順調に進む。「2年から内野も練習していて、打撃は右をしっかりしてから左にも挑戦したい。首位打者を取りたい」。内野と両打ちへの挑戦にも意欲を見せた世代ナンバーワン野手は、プロ入り後の飛躍を頭に思い描きながら10月20日、運命のドラフトを迎える。(瀬川 楓花)

 ◆浅野 翔吾(あさの・しょうご)2004年11月24日、香川・高松市生まれ。17歳。屋島小3年から野球を始め、高松商では1年夏からレギュラーで、甲子園には2年夏と3年夏に出場。8強入りした今夏は1番打者として春夏初の1大会3本塁打。甲子園通算は打率6割4分7厘、4本塁打、8打点。3位だったU18W杯(米国)では打率3割3分3厘、1本塁打、4打点。50メートル走5秒9。遠投110メートル。170センチ、86キロ。右投両打。

巨人

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年