ジャッジ61号はいつになる?第3打席まで不発 ヤクルト・村上同様に34打席一発無し 

スポーツ報知
ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手(ロイター)

◆米大リーグ ブルージェイズ―ヤンキース(28日・トロント=ロジャーズセンター)

 ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が28日(日本時間29日)、敵地トロントでのブルージェイズ戦に「1番・DH」で先発出場し第1打席は四球で歩き、前夜から5打席連続四球となった。

 敵地トロントに詰めかけたファンからも大ブーイングの嵐だった。右腕ホワイトはカウント1―2と追い込んでから3連続ボールで歩かせた。ジャッジは何事も無く一塁に歩いたが、敵地スタジアムはプレーオフ目前に迫っているとはいえ、ブルージェイズ投手陣の弱腰の投球にあきれ顔だった。

 しかし、第2打席は外角球に手を出して右飛、第3打席は内角シンカーを打ち損じた三塁ゴロに終わり、34打席連続本塁打なしとなっている。

 ジャッジは20日の本拠地・パイレーツ戦で史上6人目となる60号本塁打を放ったが、翌21日から本塁打ブランクが続き、1961年ロジャー・マリス(ヤンキース)のア・リーグ記録を前に足踏みが続いている。

 

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×