大谷翔平が日本時間30日の15勝目へ最終調整 ブルペン入り34球、規定投球回へ残り9回

スポーツ報知
キャッチボールをするエンゼルス・大谷翔平(カメラ・安藤 宏太)

◆米大リーグ エンゼルス―アスレチックス(28日・アナハイム=エンゼルスタジアム)

 エンゼルス・大谷翔平投手(28)が28日(日本時間29日午前10時38分開始予定)、本拠地・アスレチックス戦のスタメンに「3番・指名打者」で名を連ねた。5試合連続のスタメン出場になる。

 14試合連続本塁打なしながら、自己最長の12試合連続安打を放っている大谷は、試合前にブルペン入り。15勝目を狙ってマウンドに上がる29日(同30日)の本拠地・アスレチックス戦へ向けて変化球を交えながら34球を投げ込んで最終調整した。自身初の規定投球回到達へも、残り9イニングに迫っている。

 前回登板の23日(同24日)、敵地・ツインズ戦では6回途中3安打2失点、7奪三振で14勝目(8敗)。雨、寒さとの戦いもあったが、先発としての役割を十分に果たした。順調にいけば、今季はあす29日(同30日)の本拠地・アスレチックス戦、チーム最終戦となる5日(同6日)の敵地・アスレチックス戦での先発登板が予定されている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×