大谷翔平が前人未到の「トリプル150」達成 自己最長12戦連続安打、エンゼルスは接戦制す

スポーツ報知
大谷翔平(ロイター)

◆米大リーグ エンゼルス4―3アスレチックス(27日・アナハイム=エンゼルスタジアム)

 エンゼルス・大谷翔平投手(28)が27日(日本時間28日)、本拠地・アスレチックス戦に「3番・指名打者」でフル出場。自己最長の12試合連続安打をマークし、シーズン150安打に到達するなど、4打数2安打だった。チームも4―3でアスレチックスを破り、シーズン最後の9連戦を白星でスタートさせた。

 アスレチックスの先発は右腕のカプリーリアン。今季は24登板で4勝9敗、防御率4・43の成績を残している。大谷は試合前の時点で12打数1安打で5三振、打率8分3厘と苦しめられていた。だが、初回2死走者なしの1打席目にいきなり左中間フェンス直撃の二塁打を放ち、自己最長を更新する12試合連続安打。日本人では6人目となるシーズン150安打もマークした。本塁打は11日(同12日)の敵地・アストロズ戦で放った34号を最後に13試合連続で出ていないが、打撃は好調だ。

 大谷はこれまで投手として投球回が「153」、奪三振が「203」をマークしており、安打数と並んだ「トリプル150」をメジャー史上初めて達成。二刀流としての金字塔をまたしても打ち立てた。

 3―3で同点の3回先頭で迎えた2打席目は、1ストライクからの2球目に反応。内角の直球に反応すると、バットを真っ二つに折られながらも、しぶとく左前に落として、2打席連続安打とした。

 5回先頭の3打席目は初球をはじき返すも一ゴロ。7回1死走者なしの4打席目は2番手右腕・シアと対戦し、右足に自打球を当てて大声を出す場面もあったが、空振り三振に倒れた。試合は3―3で同点の8回に、5回に本塁打性の大飛球をスーパーキャッチした左翼手のアデルが決勝の左前適時打を放って接戦を制した。

 試合前にはキャッチボールなどをして29日(同30日)の先発登板へ向けて調整。地元放送局「バリー・スポーツ・ウエスト」のインタビューを受け、水原通訳を介さずに英語で受け答えし、笑顔を見せていた。チームは今季残り8試合。大谷のラストスパートから目が離せない。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×