【オリックス】宮城大弥が自己最短2回2/3KO「大事なゲームなのに申し訳ない」 優勝は連勝必須

スポーツ報知
2回1死一、三塁、ギッテンス(奥)に先制となる中前適時打を浴びたオリックス先発・宮城大弥(カメラ・渡辺 了文)

◆パ・リーグ オリックス1―6楽天(27日・京セラドーム大阪)

 痛恨の一敗となった。負けられないマウンドを託された宮城だったが、4失点で、自己最短の2回2/3でKO負け。「大事なゲームなのに申し訳ないです」とひと言だけコメントした。

 2回1死から鈴木大に死球を与えた後の2連打などで2点を先制された。3回も島内の適時二塁打の後に鈴木大に四球を与え、辰己の適時打で4点目。ここで交代が告げられ、左腕はベンチで唇をかんだ。

 自慢の中継ぎ陣も、負の連鎖に陥った。チーム9四死球を与えて6失点と、一方的な展開を許した。中嶋監督は「プレッシャーがかかる中、圧に負けちゃったのかなというのはありますね」と指摘。「ここ最近は全然そういうのがなく攻めていたはず。重圧の中、しっかり腕を振らなきゃいけないところで、それができなかった。もう一回修正してやっていかなきゃいけない」と奮起を促した。

 攻撃では宗が欠場。中嶋監督は詳細を明かさなかったが、体調に何らかの異変があったとみられる。その打線は、則本の前にわずか3安打1得点と沈黙し、首位・ソフトバンクの優勝マジックを一つ減らして「3」になった。同率なら直接対決で勝ち越しているオリックスが優勝という条件はあるが、もし、オリックスが残り2試合を1勝1敗なら、ソフトバンクは2勝2敗でも優勝という比較的、楽な条件に。オリックスは残り2試合の連勝が必須だ。

 「こういうゲームはこの先もある。その中でどうやって(点を)取っていくかが大事。あと2つ、本当に悔いなくやるしかない」と前を向いた指揮官。オリックスが崖っぷちに立たされた。(玉寄 穂波)

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×