「菅さんの弔辞」トレンド入りで感じた心からの言葉の重み…安倍晋三元首相国葬に見た「友を失った」悲しみ

スポーツ報知
27日の安倍晋三元首相の国葬の際、会場付近に設置された一般献花台の安倍氏の写真

 なぜ、訥々(とつとつ)と語られたその言葉が人々の胸を打ったのか。それは政治家ではなく、1人の人間として長年の付き合いだった友の死を悼んだ言葉だったから―。

 そんなことに気づかされた菅義偉前首相(73)の弔辞だった。

 7月8日に銃撃され亡くなった安倍晋三元首相(享年67)の国葬が27日、東京・日本武道館で営まれた。

 賛否両論ある中、営まれた国葬には国内外から約4300人が参列。開始2時間前には「#安倍さんありがとう」がツイッターの世界トレンド1位に浮上。3位に「一般献花」、7位には「#最後の最後まで国葬に反対」が並ぶなど関連ワードが上位を占めた。

 その様子をじっと見届けていた私だったが、友人代表として弔辞を読んだ菅氏の言葉に気がついたら涙が頬を伝っていた。

 まず銃撃事件のあった7月8日を振り返る「信じられない一報を耳にし、とにかく一命をとりとめてほしい。あなたにお目にかかりたい、同じ空間で、同じ空気を共にしたい。その一心で、現地に向かい、そして、あなたならではの、あたたかな、ほほえみに、最後の一瞬、接することができました」という言葉から弔辞を始めた菅氏。

 「あれからも、朝は来て、日は、暮れていきます。季節は、歩みを進めます。あなたという人がいないのに、時は過ぎる。無情にも過ぎていくことに、私は、いまだに、許せないものを覚えます」と、大切な人を失った後も普通に時間が過ぎていく無常も正直に口にした。

 「総理大臣官邸で共に過ごし、あらゆる苦楽を共にした七年八か月。私は本当に幸せでした」と官房長官として安倍首相を支えた日々を振り振り返った後、衆院議員会館の安倍氏の机の上に読みかけの本「山県有朋」が置いてあり、読みかけの最後のページには山県有朋が長年の盟友・伊藤博文に先立たれた際に詠んだ歌「かたりあひて 尽し丶人は 先立ちぬ 今より後の 世をいかにせむ」にマーカーが引いてあったことを明かした菅氏。「深い哀しみと、寂しさを覚えます」と締めくくった弔辞に、ただ聞いているだけの私も泣いた。

 声を震わせて言葉を紡ぐ菅氏の背中に私は「菅さんは政治家の仲間としてでなく、大事な友を失った1人の人間として言葉を口にしている」―。そう思った。同じように感じた人は多かったのか、NHK始め民放各局が今回の弔辞を生放送した直後に「菅さんの弔辞」というワードがツイッターの世界トレンド2位に浮上。その動きを伝えた「報知WEB」の記事にも菅氏の悲しみを慮(おもんぱか)る言葉が殺到した。

 「菅さん、本当に安倍さんは大切な友人だったんだろうな」

 「菅さんの弔辞には本当に感動したし思わず涙があふれた」

 「本当に相手を慕う気持ちがある言葉って、やっぱり違いますね。流ちょうな話し方ではないけれど、すごく伝わってきた」

 「相変わらずつたない喋り方の菅さんでしたが、安倍さんへの思いが詰まった弔辞でした」

 TBSが情報番組「ゴゴスマ」(月~金曜・午後1時55分)と報道番組「Nスタ」(月~金曜・午後3時49分)を合体して、国葬の模様を生中継した番組にコメンテーターとして出演した元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏も「菅さんの『同じ空気を吸いたい』って言葉を聞いた時にもう涙が止まらないです。菅さんの言葉が本当に辛い。菅さんの気持ちを考えると」と声を震わせて話した。

 強面コメンテーターさえも涙した菅氏の心からの言葉。それは前首相でも、政治家でも何でもない1人の人間として、心の底からの悲しみをそのまま口にした言葉だった。

 今も頭の中では、菅氏が震える声で読み上げた「かたりあひて尽し丶人は先立ちぬ 今より後の世をいかにせむ」という悲しい言葉が何度も、何度もこだましている。(記者コラム・中村 健吾)

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請