【高校野球】 横浜が逆転で慶応を下し、4年ぶり秋優勝 

優勝した横浜ナイン
優勝した横浜ナイン

◆秋季高校野球神奈川県大会▽決勝 横浜6―3慶応(27日・サーティーフォー保土ヶ谷)

 横浜が慶応を逆転で下し、4年ぶりに秋の神奈川大会を制した。

 3点を追う3回に1点を返すと、5回に緒方漣遊撃手(2年)の適時打と井上葵來三塁手(1年)の2点適時二塁打で逆転に成功。4―3と1点リードの8回には2死二塁から峯大翔二塁手(1年)の高校初アーチが飛び出し、突き放した。

 投げては先発したエース・左腕の杉山遥希投手(2年)が12安打を浴びながら3失点にまとめて完投。今夏に続いて2季連続の優勝投手となった。

 監督就任後、初めて秋の神奈川大会を制した村田浩明監督は「私がどうこうやったというよりも渡辺さんや小倉さんをはじめとするコーチの方々が毎日熱心に教えていただいているおかげです。本当にいい意味での横浜高校になってきている」と感謝した。

 横浜は神奈川1位校として来春のセンバツ出場校の参考資料となる秋季関東大会(埼玉、10月22日開幕)に出場する。指揮官は「勝って反省して、もう一度関東大会に向けてやっていきたい」と言葉に力を込めた。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×