FW上田綺世に出番は訪れるか「最後の試合なので。モチベーションは高いです」エクアドル戦へ闘志

スポーツ報知
ボール回しする(右から)伊東純也、山根視来、上田綺世(カメラ・宮崎 亮太)

 【デュッセルドルフ(ドイツ)26日=岡島智哉】FIFAランキング24位の日本代表は、同44位のエクアドル戦に向けて、会場のデュッセルドルフ・アレーナで前日調整を行った。

*  *  *

 上田綺世はメンバー発表前最後の一戦となるエクアドル戦に向け「結果を求めていきたい」と力を込めた。

 FW大迫勇也、浅野拓磨が招集外となる中、米国戦では前半に前田大然、後半に町野修斗が出場。上田に出番は訪れなかった。

 森保一監督はエクアドル戦で、米国戦から先発11人全員を入れ替えることを明言。上田にチャンスが訪れる可能性もある。

 ゴール前での抜け出しや強烈なシュートを持ち味とするが「FWとして求められる守備の役割は全うしないといけない。チームに必要とされるために全力で取り組みたい」とキッパリ。「最後の試合なので、モチベーションは高いです」と闘志を燃やした。

サッカー

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×