【東都大学準硬式野球】帝京大が一発攻勢で大勝

スポーツ報知
本塁打を放った(左から)帝京大・小平、橋本、霜田

◆東都大学準硬式野球秋季リーグ戦1部 帝京大13―5東海大 1回戦(26日・スリーボンドベースボールパーク上柚木)

 帝京大が一発攻勢で勝利を飾った。初回、霜田健太(2年)=伊勢崎清明=の2ランで先制。同点で迎えた4回は、一死1塁から小平翔斗(3年)=加藤学園=が勝ち越しの2ランを放ち打線に火をつけた。続く、5回にも橋本恭平(2年)=厚木北=のソロが飛び出し東海大を突き放した。打線爆発の帝京打線は、7回以降も着実に追加点を奪い、勝利を手にした。

 勝利に貢献した橋本は「(先発の)小石川が粘りのピッチングをしてくれてたので、少しでも援護点を取ってあげたいと思い、打席に入りました」と打席を振り返った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×