菊池雄星、9日ぶりの登板で1回無失点 ライナーに反応してはたき落とす好プレーも

スポーツ報知
ブルージェイズの菊池雄星投手(ロイター)

◆米大リーグ レイズ1―7ブルージェイズ(25日・セントピーターズバーグ=トロピカーナ・フィールド)

 ブルージェイズの菊池雄星投手が25日(日本時間26日)、敵地のレイズ戦に9日ぶりのリリーフ登板し1回を無失点に抑えた。

 7―1とリードした9回に5番手で登板。いきなり初球をパレデスの左肘にぶつけたが、続くペラルタを3球三振。ベサンコートのライナーは、反応良くグラブではたき落とし一塁で刺した。シリには10球粘られて四球を与えるも、ウォールズを空振り三振に仕留めゲームセット。ナインとハイタッチでナインに迎えられた。なお、防御率は5・48となった。

 ブルージェイズはア・リーグ東地区2位攻防4連戦に2敗し一度は並ばれたが、24、25日と2連勝し2ゲーム差。ワイルドカードでもトップの座をキープした。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×