皇治が「ごぼうの党」代表・メイウェザーへの非礼を謝罪 「日本人としてホンマに申し訳ない」

スポーツ報知
ジジにKO勝ちしマイクパフォーマンスをする皇治(カメラ・今成 良輔)

 元K―1ファイターの皇治(TEAM ONE)が25日、自身のツイッターを更新。この日行われた総合格闘技イベント「超RIZIN」で、「ごぼうの党」奥野卓志代表がプロボクシング元世界5階級制覇フロイド・メイウェザー(米国)への非礼を「日本人としてホンマに申し訳ない」などと謝罪した。

 皇治は朝倉未来(トライフォース赤坂)とメイウェザーのエキシビションマッチの前座として、メイウェザーのボディーガードのジジ(イラン)とボクシングルールのエキシビションマッチを行った。3回TKOで勝利。試合後には「ホンマに応援ありがと」とつぶやいた。

 “事件”が起こったのは朝倉―メイウェザー戦の試合開始直前。奥野代表が、メイウェザーに手渡すはずだった花束を目の前で投げ捨てた。メイウェザーは大人の対応で花束を拾い上げセコンドに渡したが、この映像はSNSなどで世界中に広まり批判が噴出。皇治は「花束の件は日本人としてホンマに申し訳なかった」とつづり、「TMT(メイウェザーのチーム)の皆、日本を盛り上げてくれてありがとう」と感謝した。

格闘技

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×