高校、大学、実業団がガチ勝負の奥球磨駅伝 2チーム参加の青学大・原晋監督「収穫あった」

スポーツ報知
青学大の野村昭夢(中央)は奥球磨駅伝1区で奮闘し、出雲駅伝出場の可能性につなげた(左は宮坂大器、右は絆ランニングクラブで出場した東大大学院の古川大晃=写真提供・青山学院大陸上競技部)

◆奥球磨駅伝  (9月25日、熊本・多良木町役場発着、高校7区間42・195キロ、大学・実業団4区間42・195キロ)

 高校、大学、実業団(クラブ含む)の男子チームがカテゴリーの枠を越えて、同時スタートで勝負する画期的な駅伝の第1回大会は、長野・佐久長聖高が2時間7分16秒で制し、初代王者に輝いた。総合2位はトヨタ自動車九州Aチームで2時間7分32秒。総合3位は地元熊本の九州学院高で2時間7分52秒だった。

 20年に第1回大会が行われる予定だった奥球磨駅伝はコロナ禍などの影響で2度、中止され、今年が第1回大会となった。注目は画期的な競技方法。高校は全国高校駅伝とほぼ同じで1区10キロ、2区3キロ、3区8・25キロ、4区7・9キロ、5区3キロ、6区5キロ、7区5・045キロ。大学・実業団は1区10キロ、2区11・25キロ(高校の2区と3区)、3区10・9キロ(高校の4区と5区)、4区10・045キロ(高校の6区と7区)。一斉スタートのガチンコ勝負を演じた。

 今年の第98回箱根駅伝(1月2、3日)で総合新記録(10時間43分42秒)で2年ぶり6度目の優勝を果たした青学大は2チームを編成。Bチームは2時間9分44秒で大学勢のトップの総合7位。Aチームは2時間12分27秒で総合19位だった。原晋監督(55)は「レースの駆け引き、ペースの上げ下げなど駅伝ならでは経験が積むことができた。収穫はありました」と評した。

 学生3大駅伝の開幕戦、出雲駅伝(10月10日)に選手登録(10人)されている宮坂大器主将(4年)と野村昭夢(2年)はメンバー選考をかねて1区で対決。野村が29分55秒で全体3位と踏ん張る一方で宮坂は31分42秒で全体18位と苦戦した。「野村は及第点。出雲駅伝で学生3大駅伝デビューの可能性を残しました。宮坂はずっと夏合宿で頑張っていたので疲れがあった」と原監督は評した。

 出雲駅伝では登録メンバー外ながら、全日本大学駅伝(11月6日)、箱根駅伝(来年1月2、3日)に向けて、原監督が高評価した選手が今大会で4区2位の畦地貴斗(4年)と3区2位の倉本玄太(3年)。「畦地は入学からこれまでの3年半でほとんど故障せずに練習を積んで、少しずつ力をつけています。畦地は1月3日が誕生日。アンカー(10区)を走って歓喜のゴールテープを切る可能性はありますよ。世羅高で鍛えられた倉本も駅伝力のあるところを見せてくれました」と話した。

 選手層が分厚い青学大。激烈なメンバー争いがチームをさらに強くしていくことになる。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×