ドイツ紙が日本代表の米国戦を分析「鎌田はミュラーに匹敵」も「W杯で勝つのはドイツだろう」

スポーツ報知
日本戦の結果を伝える24日発売のドイツ紙「ビルト」

 【デュッセルドルフ(ドイツ)24日=岡島智哉】ドイツ紙「ビルト」は24日、23日に行われた国際親善試合・日本―米国(2〇0)の結果を報じた。

 同紙は遠藤航、守田英正のダブルボランチについて「番犬のようだった。相手を追い詰めた。(ドイツ代表MF)キミッヒのようだ。W杯ではスリリングなデュエルが見られるだろう」と伝え、先制点の鎌田大地は「トーマス・ミュラーに匹敵する創造性を持つ」と絶賛した。

 一方でGK権田修一は「本国でも賛否両論あるようだ。代わりがいないだけ」とし、センターバックとして出場した吉田麻也、冨安健洋、伊藤洋輝は「体格は良いが腰が高い」とし「ヴェルナーやレロイ・ザネにも、昨日のハンガリー戦より調子が良ければ、チャンスはあるはずだ。森保監督は10月末に復帰する、板倉滉に期待している」とした。攻撃陣については「ウイングに幅広い選択肢を持っている。伊東、久保のプレーに、アメリカ選手たちは何度も苦労した。交代で入った三笘は代表戦8戦目で5ゴール目を決めた」と報じた。

 W杯1次リーグの勝敗予想では「(23日の欧州ネーションズリーグの)ハンガリー戦から改善しなくてはならないが、W杯で勝つのはドイツだろう」と伝えた。

サッカー

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×