【巨人】手痛い1敗 2年連続勝率5割以下 残り3戦全勝なら自力でCS進出

スポーツ報知
7回無死一、二塁、代打・若林晃弘の投前バントは二塁走者・岡本和真が三塁でアウトになり、失敗に終わる(カメラ・相川 和寛)

◆JERAセ・リーグ 中日2―1巨人(24日・バンテリンドーム)

 巨人は最下位の中日に4安打1得点で敗れ、2年連続勝率5割以下が確定した。

 * * * *

 手痛い1敗を喫した。9回2死、最後はポランコが遊ゴロに倒れた。原監督は「やっぱり1点、一発だけではね」と、中日・小笠原のカーブに手を焼き、4安打1得点とつながらなかった打線を悔いた。試合のなかった4位の広島と阪神とは1ゲーム差に縮まった。

 最大のチャンスは1点を追う7回だった。岡本和の安打と敵失で無死一、二塁の絶好機。指揮官はここで代打・若林にバントの役割を託した。2ボール1ストライクからの4球目を転がしたが、投手正面に転がり三塁封殺。指揮官は「できなかったのは大きかったね。もらったチャンスの中でね」と指摘。その後、相手の暴投で2死二、三塁としたが、代打・増田陸が空振り三振に倒れて無得点に終わった。

 強打のウォーカーに代え、代打・若林を送っている。バントが“見え見え”の中、二塁走者・岡本和の足も考えれば三塁前に転がさなければいけない。そんな重圧はあっただろう。5回1死一、三塁でも戸郷がスリーバントを失敗している。し烈なCS争いだけでなく、その先の短期決戦も含めて負けたら終わりという戦いが続く中で、アウトに意味を持たせていけるかは勝利に直結するもの。元木ヘッドが「ああいう細かいミスが出たら点につながりにくいし、向こうのリズムになってしまう」と指摘した通り、ベンチの作戦通りに試合を動かすことで生まれるリズム、逆に守備側は相手の作戦を阻止することで生まれるリズムもある。

 05、06年に借金を背負って以来となる2年連続勝率5割以下が確定。それでも残り3試合に全勝すれば自力でCS進出を決められる。「(負けられないのは)それは、このところずっとね。3試合のことを考えるより、まず明日のゲームが重要」と原監督。優位を手放さないため、25日の試合は落とせない。(西村 茂展)

巨人

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請