【高校野球】報徳学園が8強入り 来年ドラフト候補捕手の堀柊那を巨人、阪神などが視察

投手に指示を出す報徳学園の堀柊那捕手
投手に指示を出す報徳学園の堀柊那捕手

◆秋季兵庫県大会 ▽3回戦 報徳学園4―2市尼崎(24日・明石トーカロ)

 報徳学園が市尼崎を破り、ベスト8に進出した。1―1の3回、岩本聖冬生(いぶき)中堅手(2年)が右越えに勝ち越しのランニング本塁打を放ち、今朝丸(けさまる)裕喜と間木歩の1年生リレーで逃げ切った。「塁に出るという意識の中での結果だったのでよかった」と、50メートル走5秒8の快足を生かした。

 巨人、阪神など3球団が視察する前で、来秋ドラフト候補の堀柊那捕手(2年)は、初回1死一塁で一塁走者の二盗を阻止し、5打数1安打だった。「良くなかった。チャンスで一本出せなかった。チームとしては凡打が多かった」と反省しりきだった。

 準々決勝では、同じくプロ注目の最速148キロ右腕・坂井陽翔(2年)を擁する滝川二と対戦する。「チャンスで回してくれているので、自分の仕事ができれば」と、大一番に向けて気合を入れ直した。

野球

×