大谷翔平、ジャッジの60本塁打に「ファンとしてはもっともっと見たい」、「勉強になる」

スポーツ報知
試合中に捕手からのサインを聞くエンゼルス・大谷翔平(ロイター)

◆米大リーグ ツインズ2―4エンゼルス(23日・ミネアポリス=ターゲットフィールド)

 エンゼルス・大谷翔平投手(28)が23日(日本時間24日)、敵地・ツインズ戦に「3番・投手、指名打者」でフル出場。投げては6回途中3安打2失点、7奪三振で14勝目(8敗)をつかみ、打っては1点リードの7回2死一、二塁で、9試合連続安打となる中前適時打を放ってリードを広げるダメ押し点を加えた。

 試合後には、史上6人目となる60本塁打を放ったヤンキース・ジャッジについても言及。MVPを争うライバルでもあるが「野球ファンとしてもちろん60本を打ったのも見ましたし、ファンとしてはもっともっと見たいな、というのが率直なところではあるので、僕もバッターをやっているけどなかなかああやって打てることはないと思うので、参考にしていますし勉強になるなと思っています」と感心しきりだった。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×