42歳プホルスが史上4人目の700本塁打 今季限りで引退なのに今季4度目1試合2発で20、21号

スポーツ報知
通算700号本塁打を放ったプホルス(ロイター)

◆米大リーグ ドジャース―カージナルス(23日・ロサンゼルス=ドジャースタジアム)

 カージナルスのアルバート・プホルス内野手(42)が23日(日本時間24日)、敵地・ドジャース戦に「2番・指名打者」でスタメン出場し、史上4人目となる通算700本塁打を達成した。

 今季限りでの現役引退を表明している鉄人が、圧巻の1試合2本塁打で、大台に乗せた。まずは両軍無得点、3回1死一塁の2打席目。エンゼルス時代の同僚だった左腕・ヒーニーから左翼席に運んだ。昨季所属したドジャースタジアムで18度目の20号を放つと、勢い止まらずに今季4度目の1試合2本塁打を放ってみせた。2点リードの4回2死一、二塁の3打席目に2打席連続アーチ。またしても左翼席に運んだ。

 上位3人はボンズの762本、アーロンの755本、ルースの714本。昨季途中まではエンゼルスに所属して大谷翔平投手(28)とも同僚だったプホルスが、歴史に名を刻んだ。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×