横山武史騎手が中山2Rで年間100勝&通算400勝を達成「たくさんの応援、支えを実感」

年間100勝&JRA通算400勝を達成した横山武史騎手(右から3人目)
年間100勝&JRA通算400勝を達成した横山武史騎手(右から3人目)
中山2Rで初勝利を挙げたディナトセレーネ
中山2Rで初勝利を挙げたディナトセレーネ

 横山武史騎手=美浦・鈴木伸尋厩舎=は9月24日、中山2Rの2歳未勝利(芝1600メートル)をディナトセレーネ(牝2歳、美浦・尾関知人厩舎、父レッドファルクス)で勝ち、年間100勝&JRA通算400勝(現役45人目)を達成した。

 今年554戦目で、昨年に続く自身2度目の100勝に到達。川田将雅騎手=栗東・フリー=に次いで2番目の到達となった。通算400勝は2017年3月4日の中山1Rでルーナデラセーラーに初騎乗して以来、3827戦目での到達。重賞は11勝(うちG1は5勝)。

 「(年間100勝は)昨年も達成できましたけど、今年は、よりいっそう早いペースで達成したことを関係者の方々に感謝しています」と、今年の目標に掲げていた大台到達を喜んだ。また、JRA通算400勝も同時に達成となり、「口で言うのは400勝と簡単かもしれませんが、達成するのは難しいこと。たくさんの方々に応援されて、支えられて、今のこの数字があると実感している」と話した。

年間100勝&JRA通算400勝を達成した横山武史騎手(右から3人目)
中山2Rで初勝利を挙げたディナトセレーネ
すべての写真を見る 2枚

競馬

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×