佐藤美希、9月末で芸能界引退を発表「20代最後の区切りとして」

スポーツ報知
佐藤美希

 タレントの佐藤美希が24日、自身のSNSで、9月30日で所属事務所「ホリプロ」を退社し、芸能界を引退することを発表した。

 佐藤は「いつも応援してくださっている皆様へ」とのタイトルで更新。引退の決断について、「30代、そしてその先をどう過ごしていくかを考えた時に、芸能界ではない社会に出て仕事をしてみたい思いがあり、このまま芸能活動を続けていくか、新たな別の道に挑戦するか、長い時間をかけて悩み考え、20代最後の区切りとして自分自身で出した答えです」と明かした。

 佐藤は2013年の「ホリプロタレントスカウトキャラバン」に20歳で参加しグランプリを獲得し、芸能界入りした。「選んでくれたホリプロは、積極的に前に出ていくことが難しい私の性格を理解しながら背中を押し続けてくれ、仕事のことだけでなく、一人の大人として成長できるよう多くのことを学ばせてくださいました」と感謝した。

 佐藤はこれまでの芸能生活について、「ラジオ親善大使やJリーグ女子マネージャー、Jリーグ名誉マネージャーとしてのPR活動で全国をまわったこと。生まれ育った地元栃木県でのお仕事。2度も主演舞台をやらせていただけたこと。グラビア撮影、毎年のカレンダー発売、そして念願の1st写真集発売。趣味のゴルフが企画になったこと。CM、ドラマ、映画、舞台、ラジオ、スポーツ番組、情報番組、バラエティ番組など幅広く経験をさせていただきました。本当に周りの方々が温かく、恵まれていたと実感しています。心から感謝の気持ちでいっぱいです」とつづった。

 今後については「未定の為、具体的に今お話することができないのは大変申し訳ないのですが、これからじっくり考えていきます」。SNSは今月30日をもって閉鎖するとした。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×