大谷翔平、14勝目引き寄せる痛烈中前適時打で追加点、9戦連続安打…投げては6回途中2失点

大谷翔平
大谷翔平

◆米大リーグ ツインズ―エンゼルス(23日・ミネアポリス=ターゲットフィールド)

 エンゼルス・大谷翔平投手(28)が23日(日本時間24日)、敵地・ツインズ戦に「3番・投手、指名打者」でスタメン出場。投げては6回途中3安打2失点の好投で14勝目の権利をつかむと、打っては1点リードの7回2死一、二塁の4打席目に9試合連続安打となる中前適時打を放ってリードを広げた。

 雨、10度前後の低い気温に苦しんで、投げては今季ワースト7四死球と制球が安定しなかったが、6回途中3安打2失点、7奪三振と試合を作った。1点リードの6回無死満塁でマウンドを降りたが、ループが好投を見せて無失点。14勝目が消えることはなかった。

 すると7回の4打席目に、自ら中前適時打。打球速度107・8マイル(約173・5キロ)という強烈な当たりをはじき返した。3打席目までは遊ゴロ、一ゴロ、左飛に倒れて安打はなかった。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×