【土曜の注目新馬】ザングウィル、均整の取れた馬体から繰り出すフットワーク…確かな推進力

スポーツ報知
中山競馬場

◆24日中山5R・芝1600メートル

★ザングウィル(牡、父ダンディマン、母ザーキア、美浦・大竹正博厩舎)

 デインヒル系種牡馬の父は、英G3・パレスハウスS勝ち、英G1・ナンソープS3着馬。近親にナッソーS2着のワンヴォイスがいる。

 8月27日に外厩・ミッドウェイFから移動し、美浦のウッドチップ、時計7本。肉付き良く、均整の取れた馬体から繰り出すフットワークは上質で、推進力も確か。横山武史騎手の手綱で初陣Vを目指す。

【先週の新馬勝ち上がり外厩(放牧牧場)一覧】

イルディヴィーノ ◇17日中山4Rダ1800(ノーザンファーム天栄)

ティファニードンナ◇17日中山5R芝1800(ノーザンファーム天栄)

トレンディスター ◇17日中京5R芝1200(山岡TC)

スピードオブライト◇18日中山4R芝1200(吉澤ステーブルEAST)

メインクーン   ◇18日中山5R芝1600(山元TC)

ルーカスミノル  ◇18日中京4Rダ1400(宇治田原優駿ステーブル)

ハーツコンチェルト◇18日中京5R芝2000(ノーザンファーム天栄)

ヒップホップソウル◇19日中山5R芝1600(山元TC)

ネビュルーズ   ◇19日中山6R芝2000(ノーザンファーム天栄)

テレパシー    ◇19日中京4Rダ1800(チャンピオンヒルズ)

オーシャントライブ◇19日中京5R芝1600(ノーザンファームしがらき)

【2021年の外厩別2歳新馬戦勝ち上がり=かっこ内は連対率】

1  ノーザンファームしがらき   37勝(31・2%)

2  ノーザンファーム天栄     36勝(32・1%)

3  山元トレーニングセンター   20勝(19・5%)

4  チャンピオンヒルズ      17勝(19・2%)

5  吉澤ステーブルWEST    14勝(21・4%)

6  大山ヒルズ          12勝(26・3%)

7  吉澤ステーブルEAST    11勝(25・4%)

8  グリーンウッド・トレーニング  9勝(17・2%)

9  宇治田原優駿ステーブル     8勝(13・1%)

10 阿見トレーニングセンター    6勝(10・2%)

※競馬サイト「馬トク」からのデータ

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×