大雨で新幹線が動かずスタジオ生出演できないタレントが相次ぐ…「アンタ」柴田英嗣と「オリラジ」藤森慎吾が名古屋で足止め

スポーツ報知
柴田英嗣

 台風15号の影響で23日から東海道新幹線の一部区間で運転が見合わせたとなったことを受け24日にタレントが生放送のスタジオに間に合わないケースが相次いだ。

 お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾は24日にレギュラー出演するTBS系「王様のブランチ」(土曜・午前9時半)でオープニングからスタジオ生出演できなかった。

 藤森は23日に自身のツイッターで名古屋から帰京する際に台風15号の影響でJR東海が同日午後11時ごろに東海道新幹線の東京~新大阪駅間の全線で運転をとりやめたことを発表し帰京できず、名古屋市内のホテルに宿泊したことを明かしていた。

 番組のオープニングでMCを務めるモデルでタレントの佐藤栞里が「昨日からの大雨の影響で新幹線が運転を中止して大変そうなんですけど」とし「実はいつもなら私の隣にいる藤森さんも新幹線が足止めされちゃっているようで」と明かし、別の出演者が現在、「車でこちらの方に向かっているということで」と生放送終了までに間に合うよう名古屋から車でスタジオに向かっていることを明かしたが午前11時半現在、スタジオには到着していない事態となっている。

 また、お笑いコンビ「アンタッチャブル」の柴田英嗣も24日のパーソナリティーを務める文化放送の「ますだおかだ岡田圭右とアンタッチャブル柴田英嗣のおかしば」(土曜・午前11時)の生放送でスタジオ出演できなかった。

 柴田によると、23日に名古屋での仕事を終え、午後7時半ごろ名古屋駅から新幹線に乗車したが静岡県内の大雨のため三河安城駅で停車したという。そこで約5時間半ほど足止めとなり、名古屋駅へ引き返し市内のホテルに深夜1時ごろに入ったという。

 三河安城駅から名古屋へ引き返した時を柴田は「バックで戻るんです。進行方向と逆になるからみんなで椅子をひっくり返しました。貴重な体験でした」と振り返り、乗客同志で携帯電話の充電器を貸し合うエピソードも披露していた。

 一夜明けたこの日午前、東海道新幹線は三島~名古屋駅間の運転を見合わせたため、帰京することはできずスタジオ生出演は見送りとなった。急きょ、柴田は名古屋市内の東海ラジオの会議室からのリモート出演で対応した。同じパーソナリティーを務める「ますだおかだ」の岡田圭右と軽妙なトークを展開していた。

 

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×