大谷翔平が6回途中3安打2失点で14勝目権利 規定投球回まで残り「9」…日本人4人目200K達成

雨の中、制球に苦しみながらも投げた大谷翔平(ロイター)
雨の中、制球に苦しみながらも投げた大谷翔平(ロイター)

◆米大リーグ ツインズ―エンゼルス(23日・ミネアポリス=ターゲットフィールド)

 エンゼルス・大谷翔平投手(28)が23日(日本時間24日)、敵地・ツインズ戦に「3番・投手」で先発登板。6回途中3安打2失点、7四死球で14勝目(8敗)の権利を持って降板した。規定投球回までは残り9イニング。残り2試合で初の到達を狙う。

 初回は、試合開始時に11・7度だった低い気温と降り続く雨の影響もあってか、15球を投げてストライクが6球だけ。制球に苦しみ、1死から四球、死球、四球で満塁のピンチを背負った。ケーブを「4―6―5」の併殺で打ち取ったが、フォースプレーではなかったため、三塁走者の生還が認められて、無安打ながら先取点を献上した。

 それでも2回にウォードが20号ソロを放ち同点。ぬかるんだマウンドに土が入れられた2回は、2者連続三振を奪い、1点リードで迎えた3回はこの試合初めて3者凡退で抑えた。雨脚が再び強まった4回は、先頭のウルシェラに1球もストライクが入らず四球。それでもそこから圧巻の3者連続三振で走者を進めなかった。2アウト目のサンチェスから奪った三振で、日本人では、野茂英雄(4度)、松坂大輔(1度)、ダルビッシュ有(4度)に次いで4人目となるシーズン200奪三振の大台に乗せた。

 5回も2者連続三振を奪ってイニングをまたいで圧巻の5者連続三振。2死から初安打となる左前安打をアラエスに許したが、続く打者には99・2マイル(約159・6キロ)を計測するなど遊ゴロに打ち取った。2点リードの6回は無死一、二塁からケーブに中前適時打を浴びて1点差。さらに続く打者に四球を与えて1点リードの無死満塁でマウンドを降りた。バトンを託したループが無失点で切り抜けてリードを守った。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×