【2002年日韓大会】日本が悲願のW杯初勝利! 稲本の2戦連続ゴールでロシアを下し、決勝トーナメント進出へ大きく前進

スポーツ報知
2002年6月10日紙面 

 ◆日韓W杯 1次リーグH組 ○日本【1勝1分】 1(0-0、1-0)0 ロシア【1勝1敗】◉(2002年6月9日・横浜)=観衆6万6108人=

 稲本が決めた!日本が悲願のワールドカップ初勝利を挙げ、1次リーグ突破に大前進した!!決勝トーナメント進出への大一番となったロシア戦は、後半6分、MF稲本潤一(22)=アーセナル=が2戦連続のゴールを決め、1―0で逃げ切った。日本は欧州の強豪からW杯初勝利をもぎとり、勝ち点4としてH組1位に浮上し、ベスト16へ大きく踏み出した。日本代表の快挙に、列島が歓喜に揺れた!!

 歴史を刻むホイッスルが鳴る。男たちの雄たけびが夜空へと突き抜けた。「勝ったぞ!」トルシエ監督が、サミア・コーチと抱き合った。両手を突き上げて稲本がベンチからピッチへ飛び出す。W杯初完封を達成した楢崎が大の字に倒れ込んだ。2002年6月9日、午後10時19分。ジャパン・ブルーに染まったスタジアムが歓喜に揺れた。日の丸がはためく中、日本サッカー史上に、W杯初勝利という金字塔を打ち立てた。

 歴史は後半6分につくられた。稲本は落ち着いていた。中田浩からのクロスに柳沢がゴール前でショートパス。GKニグマトゥリンが、前に出てくる。そのスキとタイミングを稲本は逃さなかった。鋭く右足を振り切ったボールはGKの左肩口を抜けて、ゴール右上のネットに突き刺さった。「2得点なんて…。ウーン、怖い感じですね」反則を取られて幻となったベルギー戦の2ゴール目。しかし、大一番できっちりと日本人初となるW杯2点目のゴールを決めた。

 苦しい展開に耐えてつかんだ勝利だった。立ち上がりからロシアの激しいチェックで、次々に選手が倒された。その中で「ロシア戦が大事になる」と話す稲本は、前半4分に日本の最初のシュートを放つなど、果敢に前に出て攻撃にも参加。後半39分、福西と交代するまで攻守に体を張ったプレーで戦い続けた。試合後には、テレビ解説をしていたアーセナルのベンゲル監督と対面。「一番、緊張しましたね。イングランドで試合に出られずにハングリーになったって? その通りです」アーセナルに4年間の完全移籍を望むヒーローは、この活躍で、世界マーケットの注目を一身に集めることになった。

 「日本は国際的な実績もない。サッカーで小さな国だ。でも、今日は日本にとって歴史的な日だ」トルシエ監督は興奮気味に話した。「W杯前までは、日本は欧米からも遠い国だったし、知られていなかった。今大会を通じて日本のサッカーが盛り上がっていくのではないかと思う」右足首のねん挫にもかかわらず90分間を戦い抜いた中田英は、力を込めてこう言い切った。

 後半26分。中山が投入されてピッチを走り出すと、声援は最高潮に達した。スタンドにこだまする「ニッポン」コール。「結果を出すことに集中していた。気持ちでいこうと思った。ここで調子に乗らないで、3戦目が大事。1位で通過することが大事なんです」稲本は静かに言った。W杯1次リーグ突破への道は開かれた。残るは14日のチュニジア戦。勝つか引き分ければ、日本は、これまで夢でしかなかった世界に踏み出すことになる。
 (井上 千春)

サッカー

×