【神戸新聞杯】ジャスティンパレスは馬場回復を希望 杉山晴調教師「ディープの子で馬格がないので」

スポーツ報知
ジャスティンパレス

◆第70回神戸新聞杯・G2(9月25日、中京・芝2200メートル、3着までに菊花賞の優先出走権)=9月24日、栗東トレセン

 日本ダービー(9着)以来の実戦となるジャスティンパレス(牡3歳、栗東・杉山晴紀厩舎、父ディープインパクト)は坂路で最終調整。最後までゆったりとした脚どりで駆け上がり、仕上がりの良さを感じさせた。

 中間は新コンビを組む鮫島克駿騎手=栗東・フリー=が3週連続で追い切りに騎乗。「落ち着いていますね。それが何より。1本目より2本目。2本目より3本目というように追うごとに動きが良くなってきました」と杉山晴調教師は手応えを感じ取る。ただ、週中に大量の雨が降り、パンパンの馬場は見込めそうにない状態。「ディープの子で馬格がないので、(道悪は)プラスではないですね」と馬場回復を望んでいた。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×