【池添謙一のKen to 1】好走続くショウナンバニラもうひと押し 中京11R・豊明S

スポーツ報知
池添謙一騎手

 エグランタインで挑んだ先週(9月18日)のローズSは3着。欲を言えば2着までに入って賞金を加算できれば良かったのですが、秋華賞の優先出走権はゲットできました。求められていた最低限の仕事は果たせた、と思います。

 道中は中団やや後ろで進め、勝負どころでは早めに手が動く形。余力がなさそうでも、直線はしぶとく脚を伸ばして、勝ち馬アートハウスにコンマ1秒差まで迫ってくれました。まだ馬体に芯が入っておらず、左右のバランスが整いきっていない状況。そのなかであれだけのパフォーマンスが出せるのですから、能力があります。

 休み明けを使いながらの上積みもあるでしょうし、短期間でさらに成長する可能性も十分。本番を楽しみにしたいです。

 土曜メインの豊明S(3勝クラス、芝1200メートル)のショウナンバニラは昨年2月以来のコンビ。4着、3着、2着と続いている近走を見ると、クラス慣れしたようで、差のないレースを続けています。もうひと押しを加えられれば。ファームツエンティ(中京土曜3R、2歳未勝利)は今週の追い切りにまたがりました。いいものを持っていそうですが、まだ幼くてもう少し時間がかかりそうな印象です。    (JRA騎手)

▼池添謙一騎手・9月24日の騎乗馬

 【中京】

3R ファームツエンティ B

5R ライヴリー     C

11Rショウナンバニラ  B

            (本紙評価)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×