【高校野球】今夏甲子園出場の能代松陽が東北切符 大高有生主将の逆転打で明桜に競り勝つ…秋田県大会

スポーツ報知
6回無死一、三塁で左中間へ三塁打を放った能代松陽・大高

◆秋季高校野球秋田県大会 ▽準決勝 能代松陽2―1明桜(23日・こまち)

 秋田準決勝で能代松陽が明桜に2―1で競り勝ち、秋季東北大会(10月10~16日・山形)出場を決めた。

 能代松陽が明桜との投手戦を制し、2年連続11度目の東北大会出場を決めた。0―1の6回無死一、三塁、主将の大高有生(ゆうき)二塁手(2年)が左中間への2点三塁打を放ち逆転。打った瞬間にガッツポーズを見せる会心の当たりに「気持ちで打ちました」と笑顔を見せた。

 この日と同じ「1番・二塁」でスタメン出場し2安打を放った夏の甲子園では、1回戦で聖望学園(埼玉)に2―8で敗れた。優勝した仙台育英(宮城)、4強の聖光学院(福島)など快進撃を続けた東北6県の代表で唯一の初戦敗退となり「悔しさの方が大きい」と振り返った。

 東北大会で決勝に進めば、来春のセンバツ出場が大きく近づく。「前回は3年生に連れて行ってもらった甲子園。次は自分たちの代で行けるように」。2度目の夢舞台にたどり着くために、全力で戦い抜く。

 

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×