【巨人】原辰徳監督、井上温大は「勉強の中できょう勝ち投手になれたということが、これが全て」

スポーツ報知
初勝利を挙げウイニングボールを手に原辰徳監督(左)と笑顔を見せる井上温大(カメラ・中島 傑)

◆JERAセ・リーグ 中日3―9巨人(23日・バンテリンドーム)

 巨人・井上温大投手(21)が4度目の先発で待望のプロ初勝利を挙げた。中日打線を相手に6回7安打3失点。今季の巨人ではプロ野球最多となるシーズン8人目の初白星となった。打線も吉川尚輝内野手(27)が2安打3打点と左腕を援護。坂本勇人内野手(33)は福本豊、松井稼頭央に並ぶ歴代5位に浮上する通算178度目の猛打賞をマークした。4位・広島、阪神とのゲーム差を1・5とし、残り4試合でクライマックスシリーズ(CS)進出を目指す。

 ◆原監督に聞く

 ―井上が4度目の先発で初勝利をマーク。

 「そうだね。自分でいい糧としながらね、初勝利を取れたのはよかったと思うね」

 ―立ち上がりは少し苦しんだように映った。

 「いやいや、それはね、プロで1勝するということは大変なことでね。これから(勝利を)重ねていくだろうけど、この1勝は忘れることのできないことじゃないでしょうか」

 ―試合の中で、持ち直していったのも成長の跡。

 「きょうは結果的に4度目の先発の中で勝ち投手になったということがね。悔しい思いもしただろうし、勉強の中できょう勝ち投手になれたということが、これが全てだと思うよ」

 ―井上の魅力は。

 「やっぱり体全体を使えてね、決して体も大きい方じゃないけれど、その躍動感のあるピッチングはあと10年、15年、20年、忘れないでほしいなと思うね」

 ―打線も2回、6回のチャンスで一気に畳みかけた。

 「そうだね。打線も援護できたところがよかったね」

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請