Tリーグ・トップ名古屋は惜敗で今季初勝利ならず 若宮監督「勝つリズムをつかむまでが難しいと感じている」

スポーツ報知

◆卓球 ノジマTリーグ(23日、東京・アリーナ立川立飛)

 女子のトップ名古屋は2―3で木下アビエル神奈川に逆転負けを喫し、今季初白星を逃した。第1試合のダブルスで鈴木李茄、南波侑里香組が東京五輪代表の石川佳純、平野美宇組と対戦。2―1で貴重な1勝を挙げ、第2試合はハン・イン(ドイツ)が平野に3―0。初勝利に王手をかけたが、第3、4試合を落とすと、1ゲーム先取の延長戦で鄭怡静(台湾)が木原美悠に9―11で敗れた。

 トップ名古屋は初戦から僅差で2連敗となった。海外選手のコンディションは上向き。課題のダブルスの初勝利など明るい材料もあるだけに、昨季も開幕から5試合連続で2―3負けを経験している若宮三紗子監督は「選手たちはしっかり準備していい試合をしているけど、やはり勝つリズムをつかむまでが難しいというのを今季も感じている。こういうふうにすれば勝てるんだという自信を選手たちが身に付けてもらえるように、1勝目を早く挙げたいな」と前を向いた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×