伊藤美誠「すごく大事な一戦という気持ちで」香港のエースに快勝 Tリーグ・日本生命が全4戦ストレート勝ち

スポーツ報知
伊藤美誠

◆卓球 ノジマTリーグ(23日、埼玉・浦和駒場体育館)

 女子の日本生命レッドエルフは4―0で新規参入の京都カグヤライズを下し、開幕2連勝を飾った。第1試合のダブルスが2―0。第2試合以降のシングルスも伊藤美誠、早田ひな、森さくらがいずれも3―0で制し、相手に1ゲームも与えなかった。村上恭和総監督も「(ゲーム数が)11―0は初めてじゃないか」と目を見張る完勝だった。

 第2試合では伊藤がエース対決に快勝した。相手は世界ランク7位の杜凱キン(香港)。30日開幕の世界選手権団体戦(中国・成都)でも対戦する可能性が考えられる選手。「世界選手権も控えている中で、すごく大事な一戦という気持ちだった」。気を引き締めて臨み、第1ゲームを11―5で制するなど、最後まで流れを渡さず。「杜選手とは海外で試合をたくさんさせてもらっていて、お互いに分かっている中での試合だったけど、1ゲーム目の入りから本当に良くて、最後までしっかり思いきってできた」と胸を張った。

 今季がTリーグ初参戦の伊藤は、海外の選手と国際大会以外で対戦するのは初めての経験だった。「日本で海外の選手と戦えるっていうのもすごく面白い。もちろん日本で日本人選手と戦うことも大事なことで、Tリーグに出させてもらう中で、いろんな選手と試合ができるっていうのはすごく楽しいなと思います」。新たな刺激を得て、充実の表情を浮かべていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×