50歳・渡部光洋、ツアー最年長Vへ2差7位…“代打出場”で大チャンス「そこそこで頑張りたい」

18番、通算9アンダーでホールアウトし、ギャラリーの拍手に応える渡部光洋(カメラ・馬場 秀則)
18番、通算9アンダーでホールアウトし、ギャラリーの拍手に応える渡部光洋(カメラ・馬場 秀則)

◆男子プロゴルフツアー パナソニックオープン 第2日(23日、兵庫・小野東洋GC=7113ヤード、パー72)

 2打差4位で出た、プロ28年目の渡部光洋(50)=小野東洋GC=が7バーディー、3ボギーの68で回り、通算9アンダー7位の好位置で予選突破した。急きょ決まった“代打出場”で好プレー。記録が残る85年以降では、ツアー最年長初V&最年長初賞金シード獲得の快挙を狙う。宮本勝昌(50)=シーミュージック=が通算11アンダーで首位。

 渡部は3~4メートルのバーディーチャンスを次々とカップインさせた。「パターが全部入った感じ」と手応え。開催コース所属の“地の利”を生かし、13番ではチップインバーディーと見せ場も十分で「自分が一番、ビックリしている」と笑った。

 同じ所属先の全米プロシニア覇者、井戸木鴻樹(60)の負傷欠場により先週、代替での主催者推薦出場が決定。「僕で代わりになるんかなと思った」と謙虚だが、本拠地で存在感を示した。

 95年にプロ転向し、昨季までツアー20戦で予選突破5回。50歳となった今季からシニアツアーに専念も、4年ぶりのレギュラーツアーで、最年長記録をダブル更新する初Vが視野に入る。「そこそこで頑張りたい。どれくらい置いていかれるか、楽しみ」。自虐的にほほ笑んだ苦労人が、悲願を果たすか。(宮崎 尚行)

 ◆渡部 光洋(わたなべ・みつひろ)1972年3月9日、京都・京田辺市出身。50歳。14歳から競技を始め、平安高(現龍谷大平安高)から近大を経て、95年にプロ転向。ツアー最高成績は、日経カップゴルフトーナメント中村寅吉メモリアル3位(96年)。178センチ、85キロ。

ゴルフ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×