北勝富士、V争い残った!翔猿と3敗対決、突き落としで制す…初Vへ「残り2日、自分らしい相撲を」

スポーツ報知
北勝富士(左)が突き落としで翔猿を破る(カメラ・安藤 篤志)

◆大相撲 ▽秋場所13日目(23日、東京・両国国技館)

 東前頭3枚目・玉鷲が2敗と単独トップの座を死守した。同10枚目・錦富士に押し込まれたが、突き落としでねじ伏せた。14日目に自身が勝ち、3敗で追う西前頭4枚目・高安、同8枚目・北勝富士の2人がともに敗れれば、関脇だった2019年初場所以来、自身2度目の賜杯が決まる。“鉄人”が、昭和以降最年長となる37歳10か月での優勝まで目前に迫った。

 * * * *

 北勝富士が優勝争いに残った。翔猿との3敗対決は、立ち合い当たって左にずれると勢い余った相手を冷静に突き落とした。埼玉栄高の同学年対決を制し「体のさばき方が、日頃の稽古でできている」とうなずいた。

 前日は大関・貴景勝戦でまさかの変化に屈して3連敗。師匠の八角理事長からは「肩に力が入り過ぎ」と助言を受け、悪い流れを断ち切った。トップの玉鷲に追いつくため、14日目の若隆景戦は負けられない。初賜杯に向け「残り2日、自分らしい相撲を取れるように」と気持ちを高めた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×