【元白鵬・宮城野親方の目】高安、右のかち上げからいい流れ…硬さある玉鷲と北勝富士よりV争い有利

玉鷲(右)が突き落としで錦富士を下し、2敗を守った(カメラ・安藤 篤志)
玉鷲(右)が突き落としで錦富士を下し、2敗を守った(カメラ・安藤 篤志)

◆大相撲 ▽秋場所13日目(23日、東京・両国国技館)

 東前頭3枚目・玉鷲が2敗と単独トップの座を死守した。同10枚目・錦富士に押し込まれたが、突き落としでねじ伏せた。14日目に自身が勝ち、3敗で追う西前頭4枚目・高安、同8枚目・北勝富士の2人がともに敗れれば、関脇だった2019年初場所以来、自身2度目の賜杯が決まる。“鉄人”が、昭和以降最年長となる37歳10か月での優勝まで目前に迫った。

 * * * *

 単独トップの玉鷲は、優勝を意識し始めたのかな、と感じる一番でした。錦富士は確かに素晴らしい立ち合いでしたが、玉鷲に少し硬さが見えました。立ち合いで少し受けていこうという思いがあったのかもしれません。ただ右のおっつけが良かったですし、うまく対応できたと思います。

 北勝富士と翔猿の3敗対決は、一瞬で決着しました。結果的に変わり気味で勝負が決まりましたが、北勝富士にそのつもりはなかったと思います。元々が低い立ち合いの翔猿が、さらに低く立って、突っ込みすぎてしまいました。北勝富士は勝てたことが大きいです。実力者ですから、まだ初優勝のチャンスはあります。

 優勝争い上位3人の中では、星数は玉鷲が1つ抜けていますが、北勝富士を含めて2人には硬さが見られました。逆に高安は12日目に続いて右のかち上げからいい流れを作っています。玉鷲との直接対決もまだなく、千秋楽に当たる可能性も十分にあります。内容から見れば高安が有利では、と思います。しかし何が起こるかわかりませんし、予想は非常に難しいです。(宮城野親方=元横綱・白鵬、スポーツ報知評論家)

13日目取組結果

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×