【広島】残り3試合でCS圏内まで絶望的1・5差…佐々岡真司監督、就任3年連続負け越しも決定

スポーツ報知
ベンチで浮かない表情の佐々岡真司監督(カメラ・渡辺 了文)

◆JERAセ・リーグ 広島3―7阪神(23日・マツダスタジアム)

 広島が、痛恨の1敗を喫した。先発・大瀬良大地投手が初回に4失点を許し、2回43球でKO。打線も、4回に松山竜平外野手が63日ぶり2号2ランを放つなど一時は2点差にまで詰め寄ったものの、序盤からの劣勢を跳ね返すことはできなかった。

 CS進出に望みをつなぐためにも、絶対に落とせない一戦だった。大瀬良だけでなく、リリーフ陣も踏ん張れなかった。3回から登板した遠藤淳志投手も、4回に高寺の適時二塁打で1失点。6回に登板した中崎も、先頭・原口に中越え二塁打を浴び、続く佐藤輝に右翼上段席の看板を直撃する特大の2ランを被弾。1死も取れずに2失点で降板した。

 CS進出に望みをつなぐどころか、逆に大きく後退する結果となった。阪神と同率4位となり、残り3試合でCS圏内の3位・巨人まで1・5ゲーム差に広がった。チームの借金は5となり、佐々岡真司監督の就任から3年連続となるシーズン負け越しも決まった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×