BUCK―TICK、35周年ライブを開催「まだまだ進んで行きます。皆さんにも祝福を」

35周年ライブを行った「BUCK-TICK」の櫻井敦司
35周年ライブを行った「BUCK-TICK」の櫻井敦司

 5人組ロックバンド「BUCK―TICK」が23日、神奈川・横浜アリーナでメジャーデビュー35周年ライブ「THE PARADE」を開催した。

 代表曲「惡の華」や、21日に発売されたベストアルバム「CATALOGUE THE BEST 35th anniv.」に収録の新曲「さよならシェルター」を初披露するなど、21曲を熱唱。レーザー12台と巨大LEDを使った光の演出で1万2000人の観客を魅了した。

 漆黒の短パンに黒のニーハイソックスで太ももの“絶対領域”を見せるなど、妖艶な衣装も披露したボーカルの櫻井敦司は「35年もやってきました。皆さんに一言お礼を。ありがとうございます。拾ってくれたビクターもありがとうございます。新しいレコーディングもあります。まだまだ進んで行きます。皆さんにも祝福を」と感謝した。

 24日も同所で。10月13日からは東京・立川ステージガーデンを手始めに、3年ぶりの全国ツアーを20か所21公演行う。櫻井は「まだ皆さんはマスクを外して『キャー!』と声援を出せないが、また元気にツアーにも来てください」と呼びかけた。

光の演出で盛り上げた「BUCK-TICK」
光の演出で盛り上げた「BUCK-TICK」

35周年ライブを行った「BUCK-TICK」の櫻井敦司
光の演出で盛り上げた「BUCK-TICK」
すべての写真を見る 2枚

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×