【阪神】高寺望夢、プロ初安打&プロ初打点、再びつかんだチャンスで結果残す

スポーツ報知
4回1死一塁、高寺望夢のプロ初安打は追加点となる右適時二塁打となった(カメラ・渡辺 了文)

◆JERAセ・リーグ 広島―阪神(23日・マツダスタジアム)

 阪神の高寺望夢内野手がプロ初安打&プロ初打点を挙げた。

 3点リードの4回1死一塁、2ストライクから広島2番手・遠藤のチェンジアップを捉え、右翼線へ適時二塁打を放った。塁上ではベンチに向かって笑顔でガッツポーズを見せた。

 今季は6月8日にプロ初昇格。4試合に出場したが、11打席無安打と結果を残せず、2軍に降格した。ウエスタン・リーグでの9月の打撃成績は13試合で打率3割7分8厘、2本塁打11打点と奮闘。もう一度つかんだチャンスで結果を残した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×